2018/05/10現在:WordPress移行作業中

社畜が大手大学職員に転職したブログ

スポンサーリンク

大学職員の求人 大学職員の給料 大学職員への転職

大学職員へ転職できるチャンスは年2回!毎年6月・12月は絶対に逃さないで。

投稿日:2018年4月12日 更新日:

f:id:klmdyaw:20180412154510p:plain

こんにちは。暇な大学職員です。

大学職員へ転職したい人向けに、現役大学職員がナマの情報をご提供中。

平均年収700万円、年間休日135日のホワイト求人の代表格、「大学職員」。
そんな仕事へ転職する為のノウハウを記載させて頂きます。

この記事を読んでほしい人

  • 大学職員へ転職する為に必要な2つのWEBサイトを知りたい方。
  • 大学職員へ転職するノウハウを知りたい方。
  • 大学職員へ転職して年収アップしたい方。
  • 大学職員の求人の探し方ってどうやればいいの?という方。

今日の記事では、他の大学職員への転職希望者が知らないあなだだけが大学職員へ転職する為のタスクを紹介
TOEIC330点の私でも、誰でも身に付けることができるテクニックさえあれば、大学職員に転職できてしまうのです。

大学職員へ転職したいけど、何からやればいいの?

そんなあなたにブログをマニュアル化してみました。

対策する時間が無い人が大学職員へ転職したい時に読むべき2つのサイト

大学職員への転職となると、倍率100倍やTOEIC800点以上が望ましいみたいな神様求めているような求人があるのも事実です。
しかし、私は、TOEIC330点で大手大学の専任職員(大学職員)として転職することができました。
ちなみに、SPIは高校の数学のテストで0点を取るようなアホだったので、一切勉強できません。
たまたま、勘でMAERCHに合格したようなレベルです。

じゃあ、そんな無策で大学職員への転職を希望した私は、どのように大学へ転職したのでしょうか・・・。

大学職員は面接勝負。なのに受験者の志望動機は新卒レベルです。

まず、基本的に大学職員の転職は「面接勝負」です。

特に、最近の大学職員への転職の倍率は500倍を超えることもあります。
ネットが発達した結果、公開求人だと誰でも探し当てることができてしまい、応募者が増えすぎて大学の人事部では捌ききれないのです。

その為、大学職員の求人を「非公開化」し、転職エージェント経由で応募させる大学が増加してきています。
その際、転職エージェントが重視するのは、①大学事務とのマッチング(親和性)

大学職員という仕事には、『楽で給料が高い』というイメージが付き過ぎています。
みんなホンネではそういう仕事に就きたいのは分かっているのですが、面接ではオトナなので一応の建前も必要ですよね。

なので、みんなソレっぽい大学職員への転職用の志望動機を捻りだします。

・学生の成長へ携わりたい
・私自身が大学にお世話になった
・営業としての経験で大学を引っ張っていきたい
・英語が話せるので国際化に貢献したい

失礼な言い方をすると、私がグループ面接などでご一緒した方はみんなこのような志望動機でした。
大学職員への転職や、大学職員という仕事に対しての情報が無さすぎた為、新卒と同レベルの志望動機になってしまうのは致し方ありません。

じゃあ、逆説的に考えると、ちょっと詳しく志望動機の対策や面接対策が出来れば、一気に内定まで近づくことができるんです。

大学の中の人が書いた、志望動機や働き方のマニュアル

一応、大学の中の人視点で志望動機や働き方について記事を書きました

大学職員に内定できたエッセンスを入れている記事なので、是非読んでいただければ幸いです。
2記事読めば、大学職員という仕事への理解と志望動機のコピペ用テンプレが一気に学べるはず。

・大学職員っていう仕事の特性
・大学職員に転職するための志望動機のテンプレ

についてまとめています。

www.daigaku-syokuin.com

 

www.daigaku-syokuin.com

 

もちろん、私が大学に転職したかったホンネは、『出世競争無し・30歳年収700万円・年間休日135日』という待遇に引かれただけです。
ただ、SPIや英語を転職対策用に勉強するのは面倒だったので、『大学職員という仕事』の理解へ時間を割き、内定することができました。

その為に使った大学職員への情報サイトはたった二つです。
ただ、その前に、なんで大学職員へなるには、面接対策が必要なのかという点について書かせて頂きます。

毎年6月&12月は学校法人の求人が最多!エージェントとの面談で非公開案件をゲット。

関東・関西・東海の20歳代が大学職員への転職するなら、学校法人に強いココ。

なぜ面接では、「高等教育行政」などの難しい質問について考えさせられるのか。

大学職員の転職の為に、TOEICやSPIを勉強するのも良いですが、本当にやって欲しいのは、

大学職員という特殊な業界や仕事への理解

です。なぜなら、

大学職員はただの『事務職員』とも言えるのにも関わらず、『アドミニストレーター』という仰々しい名前が付けられ、学者風の職員役職者はマジでそれを信じているという現実がある。

からです。とある大学の職員募集サイトには、こう書いてありました。

大学の業務はますます複雑化かつ高度化しており、大学職員には大学の行政管理を担う「大学アドミニストレーター」としての高度な役割が求められています。そのため、職員個々人には、環境の変化を十分に理解するとともに、高等教育の将来を見通し、大学として解決すべき課題が何であるかを的確にとらえる力が必要となってきています。

実際は、Excelも使えないジジイとババア先輩方が高所大局から高等教育行政を語るときに『アドミニストレーター』ってバカにする尊敬するときに使ってるんですけどね。
しかしながら、そんなリアルを面接で語っても落とされちゃいますので、受験する側もアホになって頭でっかちに教育を語る必要もあります。

けど、日々の営業ノルマや上司からの詰めでそんな高所大局から物事を語ってるとぶん殴られますよねw
じゃあ、どうやって対策すれば良いのでしょうか。

大学職員に転職したい人の対策専用サイトは2つだけ!

私が大学職員に転職するためつかったサイトはたった二つだけ

1.一般社団法人日本私立大学連盟発行の「大学時報」
大学時報 – 日本私立大学連盟発行の高等教育に関する情報誌

2.株式会社進研アド(ベネッセ系)発行の「Between」
Between情報サイト

になります。どちらも、更新頻度が高く、大学に密接に関わっている団体が発行している信頼のおけるサイトです。
例えば、「Between」の昨日の記事は、

国大協に聞く―外部検定・記述式の活用ガイドラインにおける考え方

というかなり旬なテーマでした。
大学職員への転職では、大学業界に関連した大きな視点で物事を聞かれたり意見を問われることが多いので、このような記事は非常に参考になります。
普通に生きてて、「高等教育行政」や「教育観」について考えてるような人はいません。

だからこそ、面接で対策し、内定するために勉強するんです。
面接は自分の引き出しを幾つ持っているかが勝負なので、このような大学向け情報サイトは本当に参考になります。

大学職員の転職面接で使える鉄板ネタを集めてみました。

【読めば合格】 大学職員への転職!面接で使える鉄板ネタ

大学職員へ転職したい人向けに、現役大学職員がナマの情報をご提供中。 中の人にしか知らない情報を提供していますので、大学職員に転職したい人のお役に立てれば幸いです。 今日は、大学職員への転職の大きな関門 ...

大学職員へ転職できるチャンスは毎年6月と12月

前項にも出てきている、「大学時報」は良書です。
特に、大学職員への転職を考えている方は、No.372/2017年1月号を読んでみて下さい。

そこでは、『大学職員 社会人採用のいま』との記事で、大学の中途採用の現状について、株式会社マイナビの方がデータを基にお話頂いています。
その記事内で、最も参考になるのは、

大学職員の転職での中途採用求人は、6月と12月が最多。

という記載です。現に、私も6月の求人で大学職員へ転職しました。

●「マイナビ転職」における「学校法人職員」案件数

2015/10 2015/11 2015/12 2016/01 2016/02 2016/03 2016/04 2016/05 2016/06 2016/07 2016/08 2016/09 2016/10 合計
学校法人職員 25 32 34 33 25 21 25 33 43 28 26 29 32 386
民間営業職 1,471 1,312 1,271 1,409 1,640 1,525 1,320 1,328 1,552 1,479 1,424 1,541 1,495 18,767

・・・確かに12月の前後と、6月に大学職員の求人が多くなっていますね。

 

『マイナビ転職』は、学校法人の非公開求人に強いです。

首都圏/関西/東海在住の方対象


首都圏/関西/東海以外にお住まいの方対象


 

なぜ、チャンスは6月と12月なのか。

なんで、6月・12月採用が多いのか、これは大学の中のひとなら簡単に分かります。

大学は会議だらけで何をするにも時間がかかるから

一般的な採用フロー(予算策定・承認・募集告知・選考・内定・入職)があるなかで、各所に会議体が設定され、最終的には理事会での承認を経て採用する職員が決められます。
民間企業では、欠員補充や純粋な追加補充に対して迅速に対応する為、常時多くの求人が流れていますが、大学職員の場合は、

4月に入社させるには●●月●●日の理事会が最終で、、、その前に部長会があって、、、となると自ずと11月~1月頃に募集告知をする必要が出てくるのです。
また、最近では1名~3名程度の求人に1700名集まった例もある為、公開求人にしたらアホみたいに応募が来過ぎて人事部が死にます。

www.daigaku-syokuin.com

なので、公開求人を避けて『非公開求人』で大学職員への転職者を募る例が増えてきています。

大学職員の中途採用は「非公開」化の流れ。

ちなみに、大学職員に私がどうやってなったかというと、最初にお伝えしたとおり、ひたすら『非公開求人』を探しました。
また、先に大学職員への転職を成功させた友人などからの情報を基に、転職エージェントの面談サービスにも登録しています。

非公開求人は、当然、公開されていないので、チャンスを逃すと気付いたら知らぬ間に大学職員の転職枠を他人に取られちゃうんですよね。
応募が多すぎて人事部でも捌ききれてないですし・・・。

早めに登録して情報をキャッチするのが大切です。

本学も公開求人で2,000件超えるエントリーがあったことがトラウマで、最近は転職エージェントの『非公開求人』を活用させて頂いております。
主にこの2つを利用すれば

 

1. 大学職員への転職面談を通して、志望動機のブラッシュアップを行って頂きました。

●日本全国実施可能!
パソナキャリアの面談サービスで志望動機のアドバイスと学校法人の非公開求人について教えて頂きました◎

 

2.特に、20代のうちに大学職員へ転職してしまいたい方はこちら。学校法人の非公開求人に強いです。

首都圏/関西/東海在住の方対象


首都圏/関西/東海以外にお住まいの方対象


スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

暇な大学職員

ゆとり世代です。大手企業の社畜から大学職員への転職組。TOEICは300点前半。ごく普通の社畜リーマンやってました。現役大学職員の年収や働き方を晒しています。大学職員へ、民間企業からの転職組が増えますように。

-大学職員の求人, 大学職員の給料, 大学職員への転職

Copyright© 社畜が大手大学職員に転職したブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.