LINE@で無料の転職相談受け付け中!

社畜が大手大学職員に転職したブログ

スポンサーリンク

大学職員の仕事ナビ 大学職員への転職

大学職員の中途採用倍率が300倍を余裕で超えてて草生えた件www

投稿日:2017年11月13日 更新日:

 

こんにちは。暇な大学職員(@univadm)です。

 

現役の面接担当大学職員が、中の人だけが知ってる情報を発信中

大学職員に転職するには、「仕事の理解」をすれば、あなたも内定です。

大学職員という仕事に対して、ネット上の薄い情報しか無い方が多いので、このブログをはじめました。

 

最近、大学職員への転職希望者の中でホットなのは、転職相談専用の無料LINEみたいです。

現役大学職員では日本で初めて(当社調べ)、LINE@で大学職員の転職相談を承っております。

 

友だち追加

 

こちらでは、誰が登録したか見えませんのでご安心下さい。

1:1でのトーク機能がありますので、大学職員に転職したい人はどんどんご質問どうぞ。

相談が多すぎてレスポンスは悪いですが、お急ぎならお気軽に督促して下さい!

 

また、大学職員に転職するときに最も難しいのは志望動機です。

現役面接官の視点で、志望動機や自己PRのテンプレートを作りました。

1ヶ月で大学職員に転職できるノウハウを無料で公開しています。

 

大学職員への志望動機・自己PRの書き方が分からないときに読むリスト。

志望動機・自己PRの書きが分からない人向けのまとめました。

実際、資格無し・英語全くできない私が、大手の大学職員に転職できた秘訣をまとめています

 

あなたが他の人とは違う志望動機や自己PRが書けるようになって大学職員へ転職できることを応援しています。

 

この記事を読んで欲しい人

  • 大学職員という仕事の倍率を知りたい人
  • 大学職員に転職したいけど、対策が分からない人
  • 大学職員を受験しているけど、なかなか内定しない人

 

大学職員の求人の探し方にはコツがあります。求人数が最も多くなる6月~12月を逃してはダメです。

あなたが一番最初に大学職員に転職できるよう情報のブラッシュアップと転職エージェントでの非公開求人の確認は逃さないで下さい

 

大学職員へ転職できるチャンスは年2回!毎年6月・12月は絶対に逃さないで。

こんにちは。暇な大学職員(@univadm)です。 大学職員へ転職したい人向けに、現役大学職員がナマの情報をご提供中。 平均年収700万円、年間休日135日超えのホワイト求人の代表格、「大学職員」。 ...

 

この記事の中でも、大学職員の求人の探し方をご紹介していますので、是非どうぞ。

 

 

大学職員に転職するとき、民間企業経験者に1番大切なこと

 

"大学職員"と聞いたら、あなたは何をイメージしますか?

  • 大学の窓口にいた愛想悪い人ら?
  • ただの事務員
  • 教員の小間使い
  • そもそも、学部事務所とか行かないから分からない

イメージで語るといろいろな視点から出てきますが、概ねマイナスイメージなのではないでしょうか。

ネガティブな印象を持たれたり(と言うより、絡むことがないので印象すら無い場合も有り)しますが、転職を成功させるには大学職員という仕事について、ネガティブ・ポジティブ両面から理解することが最も大切です。

インターネットで大学職員という仕事について検索すると、大手の転職サイトなどの志望動機例が出てきますが、正直に言うとかなり微妙

転職エージェント自体は非公開求人を持っていますし、エージェントの模擬面接はとても使えます。

ただ、WEBに掲載されているような無料記事は、外部のライターさんが書いたこともあり、かなり微妙なんですよね・・・。

 

そこで、登場するのが、このブログです。

現役の大学職員で面接担当者が、あなたが大学職員に転職するなら何をすべきかという点に絞って製作しています。

また、友人を3名大手の大学職員へと転職させることに成功しました。

無料のLINE@からも、大学職員に内定した人がいます。

その方々の共通点は、「大学職員という仕事を理解したこと」と「転職エージェントを活用した非公開求人のチェック」です。

大学職員に転職したい人は多くいます。ただ、実際、面接をしてみて勝負になるのはごく一部です。

裏を返せば、あなたもしっかりとこのブログで大学職員の対策をすれば、内定できるということなのです。

 

最近は、志望動機や自己PRのテンプレートを作ることに注力しています。

1ヶ月で大学職員に転職できるノウハウを無料で公開しました。

 

大学職員への志望動機・自己PRの書き方が分からないときに読むリスト。

志望動機・自己PRの書きが分からない人向けのまとめました。

実際、資格無し・英語全くできない私が、大手の大学職員に転職できた秘訣をまとめています

 

また、非公開求人のチェックも重要です。

 

■大学職員に転職したい人が登録すべき転職エージェント

 

[首都圏・関西・東海の20代専用]学校法人に強い|20代第二新卒専門の転職は【マイナビジョブ20's】

 

[首都圏/関西/東海以外の20代&全国の30代向け]学校法人に強い|マイナビ転職

 

すぐに面談を実施して非公開求人を紹介してもらいたい人向け

学校法人の対策面接に強みのある、伝統のDODA。

 

パソナキャリアは私も転職の際に使っていました。

学校法人の非公開求人に強みがありますので、早いうちに面談までセットで行うのがお勧めです。

社畜が大学職員に転職したメリット。ノルマ無し!有給全消化!

大学職員に転職したメリットは、民間企業勤務のときから比較すると、計り知れません。

 

行きたくもない強制の飲み会が全く無い。

 

 

年齢給なので出世する必要がない

 

 

全く出世しなかったヒラ大学職員でも3,000万円を超える退職金を貰える!

 

あ、そうそう、大学職員に転職するなら20代が最もお得。その次は30代です。

退職金、熱いんですよねー。

 

年間休日134日+有給20日全消化。年間の半分ぐらい休んでる気がする。

【2018年度版/57大学掲載】大学職員の年収|大学別・年代別に給与水準をまとめました

給料・年間休日について書いた、1番人気の記事!

 

民間企業勤務の時より年収は下がりました。

ただ、30歳で年収700万円超え。ノルマ無し。有給取り放題。夏冬休み2週間以上の仕事だと思うと、大学職員のコストパフォーマンス最高です。

 

■大学職員に転職したい人が登録すべき転職エージェント

 

[首都圏・関西・東海の20代専用]学校法人に強い|20代第二新卒専門の転職は【マイナビジョブ20's】

 

[首都圏/関西/東海以外の20代&全国の30代向け]学校法人に強い|マイナビ転職

 

すぐに面談を実施して非公開求人を紹介してもらいたい人向け

学校法人の対策面接に強みのある、伝統のDODA。

 

パソナキャリアは私も転職の際に使っていました。

学校法人の非公開求人に強みがありますので、早いうちに面談までセットで行うのがお勧めです。

大学職員から大学職員に転職しようとして倍率300倍超えで撃沈した話

大学職員に転職するメリットは、

  • 強制の飲み会や行事がないので自分の時間をたくさん持てる
  • 年齢給なので出世する必要がない
  • 一切出世しなくても年収1,000万円貰えて退職金も3,000万円以上出る
  • そもそも仕事が超ラク

まあ、このあたりでしょう。民間企業からしたら天国みたいな職場です。

日曜日夜の憂鬱感とか、一切感じたことがありません。

精神的なプレッシャーが皆無なので、仕事が超ラクに感じるんですね。

 

大学職員に転職して良かった18の理由。”サザエさん症候群”と無縁のお仕事。

ただ、そんな私も、他大学の専任職員募集の際、神戸女学院大学のオープン求人に応募したことがあります。

「公募で募集するなんて珍しいな。倍率80倍とか超えるかもな。」

そんなぐらいの軽い気持ちで受験しました。

そしたら、想像を絶する結果となったのです。

大学職員の中途採用の倍率は最高値で209倍!今はもっと高くなってるけど。

朝日新聞出版「大学ランキング2016」に拠ると、大学職員の採用倍率は最高値が209倍です。

 

大学事務職員の採用倍率(既卒)

1.千葉商科大学 209.0倍

2.神戸女学院大学 145.6倍

3.神奈川大学 123.2倍

4.工学院大学 108.3倍

5.文京学院大学 100.0倍
——————————————
10.大東文化大学 65.0倍
——————————————
20.名古屋女子大学 19.6倍

ただ、私が今回中途採用で応募した神戸女学院大学ですが、こんな生半可な数値ではありませんでした。

倍率200倍なんて簡単に感じるぐらいの数値です。

ちなみに、大学職員という仕事が人気すぎて、最近は非公開求人も増えています。

あなたのお住まいや年齢に依って、適切な転職エージェントが異なりますので、実際に私が利用したエージェントを中心にご紹介します。

非公開求人の入手は大学職員への転職に大切なタスクです。

 

■大学職員に転職したい人が登録すべき転職エージェント

 

[首都圏・関西・東海の20代専用]学校法人に強い|20代第二新卒専門の転職は【マイナビジョブ20's】

 

[首都圏/関西/東海以外の20代&全国の30代向け]学校法人に強い|マイナビ転職

 

すぐに面談を実施して非公開求人を紹介してもらいたい人向け

学校法人の対策面接に強みのある、伝統のDODA。

 

パソナキャリアは私も転職の際に使っていました。

学校法人の非公開求人に強みがありますので、早いうちに面談までセットで行うのがお勧めです。

神戸女学院大学の中途採用は採用数1〜3名程度と予測

ふと、転職サイトを覗いていた2016年秋頃、神戸女学院大学が専任事務職員の中途採用を募集していました。
転職サイト上で履歴書や職務経歴書を提出できるタイプで、比較的応募しやすそうな案件です。

採用人数:若干名

となっておりましたので、大学HPで公開されている「事業計画書」より学校法人全体の職員数を調べると、

f:id:klmdyaw:20171113011226p:plain

なんと、、、

法人+大学+付属校の専任事務職員数:73名

という少なさ。
73名の会社で実施する中途採用って、採用数ナンボになんねんって関西弁で思った記憶があります。

どうですかね。
73名の会社での中途採用数が、若干名って。

多くても5名?実際のところは3名以内ぐらいかな。下手したら、1名とかなるんじゃねーの。
そう思いましたが、1,200字程度の職務経歴書などを結構真剣に書き、就職サイト経由で大学へ提出しました。

神戸女学院の中途採用倍率が300倍を余裕で超えていて草生えた件www

転職サイト経由で神戸女学院大学へ必要書類を提出しましたが、所定の期日を過ぎても一向に返事がきませんでした。
たぶん、WEB経由の応募が比較的できたので結構な数が応募してきたんだろうなー程度に思っておりました。

で、期日を過ぎて大学人事部の方より頂いたメールで超絶草生えることに・・・wwwww

この度は、本学院 専任事務職員(総合職)の求人にご応募いただき、誠にありがとうございました。
また、本日まで長らく選考結果をお待たせしましたことをお詫び申し上げます。

さて、今回の募集におきましては、合計1,791名もの方にご応募いただくこととなり、私どもとしては大変ありがたい反面、応募者様におかれましては極めて高倍率の選考となっております。

もちろん、お祈りされましたw
ただ、笑うところはそこではありません。

合計1,791名もの方にご応募いただくこととなり

・・・まじかよってね。

学園全体の専任事務職員数が73名の学校で、まさか10名も一気に中途採用はしないでしょう。
そうなると、

中途採用1名募集:1,791倍
中途採用2名募集:895倍
中途採用3名募集:597倍
中途採用4名募集:447倍
中途採用5名募集:358倍

という驚異的な数値を叩き出すことになります。
大学職員の転職バブルとはまさにこのことですね。
すごいというか、なんと言うか。

 

草www

 

そんな表現しか多い浮かびませんでした。

どう控えめに見積もっても全体で70名程度の法人が10人も中途採用を募集するはずがありません。

おそらく、採用数1〜3名程度でしょう。

そうなったときの倍率は、なんと600倍〜1700倍。

いかに、大学職員が人気か分かりますし、公開求人で募集をかけたら倍率が大変なことになるかご理解頂けたかと思います。

そのため、大学職員の求人を探すには、非公開求人もちゃんと当たっていくのが大切です。

 

あなたのお住まいや年齢に依って、適切な転職エージェントが異なりますので、実際に私が利用したエージェントを中心にご紹介します。

非公開求人の入手は大学職員への転職に大切なタスクです。

大学職員になるなら、大手の大学で働きたい!

と思っている方ならなおさらです。

大手大学は最近人気すぎて、倍率がインフレしています。

そのため、非公開求人で求人が出されることもありますので、是非見逃さない様にしてください。

■大学職員に転職したい人が登録すべき転職エージェント

 

[首都圏・関西・東海の20代専用]学校法人に強い|20代第二新卒専門の転職は【マイナビジョブ20's】

 

[首都圏/関西/東海以外の20代&全国の30代向け]学校法人に強い|マイナビ転職

 

すぐに面談を実施して非公開求人を紹介してもらいたい人向け

学校法人の対策面接に強みのある、伝統のDODA。

 

パソナキャリアは私も転職の際に使っていました。

学校法人の非公開求人に強みがありますので、早いうちに面談までセットで行うのがお勧めです。

お読み頂きありがとうございました!

  • この記事を書いた人

暇な大学職員

ゆとり世代です。大手企業の社畜から大学職員への転職組。TOEICは300点前半。ごく普通の社畜リーマンやってました。現役大学職員の年収や働き方を晒しています。大学職員へ、民間企業からの転職組が増えますように。

転職したい人が最初に読む

1

こんにちは。暇な大学職員(@univadm)です。 大学職員へ転職したい人向けに、現役大学職員がナマの情報をご提供中。 平均年収700万円、年間休日135日超えのホワイト求人の代表格、「大学職員」。 ...

2

  こんにちは。暇な大学職員(@univadm)です。   現役の面接担当大学職員が、中の人だけが知ってる情報を発信中。 大学職員に転職するには、大学職員という仕事の理解が最も大切 ...

3

  こんにちは、暇な大学職員(@univadm)です。お読み頂き、ありがとうございます。 大学職員に転職したい人向けに、現役の大学職員が中の人だけが知ってる情報を発信中。   最近 ...

-大学職員の仕事ナビ, 大学職員への転職

Copyright© 社畜が大手大学職員に転職したブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.