社畜が大手大学職員に転職したブログ

社畜系企業から大学職員に転職した中の人が自分語りでもします。

これが大学職員の退職金明細だ!!

タイトルをマネてみました。すいません。。。

d.hatena.ne.jp

 

年収のデータは最近よく取り上げられていますが、

退職金についてはあまり取り上げられていない印象です。

 

 転職を考える際、"年収"は転職を決断する上で重要なファクターです。

なので、是非知ってもらいたいと考えます。

 

まず、新卒の給与を公開してしまったのは、以下をご参照下さい。 

 

私が勤務する大学では、

 

・退職金は勤続1年未満の人には支給しませんわ。

・それ以上の人には以下の計算式から支給しまっせ。

 

と決まってます。

その計算式とは、ざっくり言うと

 

退職時の本俸月額×在籍年数×支給係数

 

です。

"退職時の~"や"在籍年数"は読んだとおり、そのまんまです。

では、支給係数とは・・・・

 

●退職金支給係数

----------------------------------------------

01年以上 02年未満    0.86倍

02年以上   11年未満 1.11倍

11年以上 20年未満 1.16倍

20年以上 24年未満 1.27倍

24年以上 26年未満 1.35倍

26年以上 40年未満 1.43倍

----------------------------------------------

 

勤続年数によって定められている数値でした。

 

では、これで計算してみましょう。

退職の年齢は60歳で計算しています。

ちなみに、"退職時の本俸月額"は、

平社員のままで推移した60歳時の

 

¥561,000

 

で計算しました。

ヒラでもこれだけあります。

頑張ってる人も人として終わってる人もこれなので、

問題があるんちゃうかなと思ってたりもしますが、

今回は計算するだけなのでその問題は置いておきましょう。

 

ケース1

学部卒でそのまま学校法人に就職した場合

これは、退職金がMAXに貰える組み合わせです。

 

学部卒業時 22歳

定年退職時 60歳

勤続年数  38年

支給係数  1.43倍

 

退職時の本俸月額×在籍年数×支給係数

¥561,000×38年×1.43=¥30,484,740

 

約3000万円の退職金が支給される見込みです。

 

ケース2

30歳で中途採用されそのまま定年まで勤めた場合

中途採用を考えてる方に当てはまりそうなケースです。

 

入職時   30歳

定年退職時 60歳

勤続年数  30年

支給係数  1.43倍

 

退職時の本俸月額×在籍年数×支給係数

¥561,000×30年×1.43=¥24,066,900

 

約2400万の退職金が支給される見込みです。

 

 

大学によっては中途採用は給与面でも冷遇される等の

書き込みがネットでは見受けられますが、

本学の場合は完全年齢給なのでそんなことは全くありません。

 

ただ、新卒入職職員と中途採用職員では退職金に

 

約600万円

 

もの差が生じるのも事実です。

 

もちろん、これからの少子化の時代、

退職金なんて減額される気しかしませんが・・・

 

以上