休み・プライベート 大学職員に転職 年収・ボーナス 精神的に楽な仕事

楽な仕事で大学職員を探せていない人が失敗する理由

 

大学職員に転職したいひと『楽な仕事を探したいので、大学職員になりたいです。ぶっちゃけ実情はどうですか?』

 

そんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 楽な仕事が良いなら、公務員よりも圧倒的に大学職員がコスパ最高な理由
  • 転職して民間企業よりも大学職員が楽な仕事だと感じた理由

 

弊ブログからは、2021年だけで40名、累計では224名が大学職員へと転職成功しています。(2021年9月時点)

 

民間企業や公務員と比較すると、大学職員は圧倒的に楽な仕事だと言うことができ、転職先としてのコストパフォーマンスは最高です。

 

私自身、楽な仕事を求めて大学職員になり、出世競争やノルマ無しで年功序列の年収1,000万円の正解にのんびり浸かっています。

 

大学職員が最高なのは、夏休みや冬休みで合計1ヶ月ぐらい休みがあることもそうなのですが、やはり一番は民間企業に無い精神的な楽さでしょうか。

 

楽な仕事を探したいというと、みなさんは公務員をイメージしますが、実は公務員よりも大学職員のほうがコスパが良いので、おすすめする理由をまとめてみました。

 

記事に進んでいく前に…

今の仕事を辞めたい…一生続くか不安だ…と感じたら、ひとりで悩まずに転職のプロへ『とりあえず相談してみる』というスタンスが大切です。

転職エージェントは、働き方や年収、勤務地などの悩みを完全無料で相談できる仕組みですので、ぜひ活用してみてください。

弊ブログからは、2018〜2021年累計で210人が大学職員へと転職しました!

リクルートで「大学職員」を探す

コロナ禍では面談やWebでの転職相談が可能です!

[st_toc]

楽な仕事に就きたいなら大学職員になると失敗しない理由

 

いまの仕事が嫌過ぎて、楽な仕事に就きたい!と思ったとき、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか?

 

  • 民間企業が考える楽な仕事→公務員や財団法人、大学職員
  • 公務員系職種が考える楽な仕事→営業って自由そう、民間企業って風土が腐ってなさそう

 

それぞれの立場に、『楽な仕事』という定義はことなります。

 

民間企業が考える楽な仕事というと、やはりノルマや出世競争がない世界でしょうか。安定した年功序列だとなお最高です。

 

公務員が考える楽な仕事とは、アレな市民の相手がなかったり何も決められない風土が嫌という組織構造に起因していることも多そうです。

 

ただ、弊ブログでは累計220名以上が大学職員へと転職し、その過程で無料の転職相談を受けている(>>LINE@の說明を見る)のですが、今が嫌だからという気持ちだけで転職するとだいたい失敗しています。

 

民間企業から楽な仕事の代表格である公務員に転職したら、あまりに仕事が面白くなさすぎるとか、陰湿、組織が腐っているという文句がでますし、公務員から民間企業であればそもそも非営利から営利団体なので忙しくなります。

 

そんな楽な仕事を求めて転職したいと思っているのであれば、民間企業と公務員のいいとこ取りをしている大学職員を目指すのが一番コスパ最高な理由を說明します。

 

大学職員が楽な仕事だと思って転職した本当にそうだった話

 

まず、大学職員が楽な仕事かどうかという話ですが、年功序列の正解でノルマや出世競争が無い時点で、民間企業より遥かに精神的に楽ではないでしょうか。

 

そして、コロナ禍であっても、ボーナスは満額どころか年功序列で毎年どんどん増加していきますし、夏休みや冬休みは民間企業以上の休みがあります。

 

関連記事>>>コロナでも冬のボーナスが増えた大学職員【平均支給額283万円】

 

仕事自体も、関わる人間は大学の学費を払える層や教員の為、公務員あるあるなアレな市民の相手などもありませんし、小中高とは違い大学は自己責任なので過度な学生や家庭への干渉も必要ありません。

 

風土としても会議でなんでも決定しないと動けない文化であり、そこのスピード感は欠けていますが、会議で決まったことをする仕事なので、失敗したとしても個人の責任に帰することはありません。

 

また、大学から『お願いの営業』をすることはなく、業者に対しては発注側ですし、定員が埋まっている大学であれば高校や生徒に対しては選ぶ側です。

 

その為、資本主義社会での営業経験者であれば分かると思いますが、圧倒的に発注や選定側の力が強い為、気分的には営業でのお願い毎をする必要がない精神的な楽さもあります。

 

仕事自体の面白さなどは部署によるのですが、やりがいを求めて大学職員に転職してくる人はいないでしょうから、現在よりも良い待遇を目指すというのであれば大学職員は十分にオススメできる仕事なのです。

 

個人的には大学職員に転職して正解でした。ノルマや出世競争の無い世界は、日常において自分の数字や責任を意識することがないので、最高です。

 

また、大学職員の転職求人も毎月100件前後を弊ブログで無料公開していますから、転職するチャンスもだいぶ多いという印象です。(>>毎週末更新の求人まとめを見る

 

民間企業や公務員と比較すると楽な仕事というよりは、コスパ最高な仕事だと間違いなく言える為、大学職員になってみると累計220名以上のひとが転職していったのも納得できるなという感じでした。

 

大学職員転職のイメージが沸いていない人は、弊ブログをいろいろ読んでい頂きながら、非公開求人も探していくと自分の転職軸が見えるかもしれません。(>>非公開求人が埋まる前に一度見てみる→最大手エージェントが実績多めでした

 

楽な仕事で高収入なら年功序列で年収1,000万円の大学職員しかない

 

2021年9月13日付の東京経済オンラインにて『「公務員の年収」が高い自治体ランキングTOP500』が公開されました。TOP3を見てみると、

 

  • 厚木市:739万円
  • 武蔵野市:737万円
  • 三鷹市:734万円

 

調査対象の自治体は1788で、全自治体における単純な平均年収は591万円(前年は600万円)だった。国税庁が発表した「令和元年 民間給与実態統計調査」によれば、民間事業所に勤める人の平均年間給与は約436万円(前年比約5万円減)。公務員の年収は民間平均よりも高い。

 

民間企業平均よりも公務員が高いということが分かります。

 

ちなみに、集計対象となった1788自治体の下位500のワーストランキングも2021年9月14日に公開されており、以下のような感じ。

 

  • 東京都青ヶ島村:392万円
  • 山梨県小菅村:433万円
  • 大分県姫島村:443万円

このあたりは、確かに公務員基準だと低いですが生活コストが安いことを考えると、かなり裕福な暮らしができると思います。

 

たしかに、この平均年収を見ると都内勤務の中小企業であれば、生活コストが超絶高いのにワースト公務員ぐらいと考えると、生活が苦しそうです。

 

なので、民間企業だと年収が低いから公務員になりたいという気持ちは分からないでも無いですが、それであればなぜ大学職員を目指さないのかなというのが素直な疑問です。

 

私立大学職員の場合、平均年収は734万円(44歳・私学事業団調べ)であり、これは地方Fランク私立〜早慶までを含んだ数字ですから、かなり高いということが分かります。

 

実際、大手私立大学職員の30歳年収を見てみると、こんな感じ。

 

平均年収が44歳で734万円と言われていますが、大手私立大学職員の場合は実際もっと高いということが分かるランキングです。

 

大学名 30歳時年収
早稲田 693万円
慶應 747万円
明治 776万円
青山 766万円
立教 691万円
中央 779万円
法政 673万円
関西学院 695万円
関西 713万円
同志社 715万円
立命館 641万円

 

ただ、大手の私立大学職員はこのレベルの年収ですが、国立大学となると東京大学で44歳で667万円、地方公立大学になると36歳で458万円と大手私立大学職員の20代の年収しかありませんので注意が必要です。

 

関連記事>>>大学職員の年収ランキング|現役が解説する内部情報【2021年版】

 

大学職員は年功序列の年収でありますが、私立・国立・公立の大学職員で年収が全く違う為、ある程度の年収も確保したいというのであれば私立大学職員一択というのが答えになります。

 

その場合、地方であればハローワークで探すと最近は私立大学職員の求人が増えてきていますし、大都市圏であれば転職エージェントによる非公開求人が最も近道です。(→大手私大職員の非公開求人を探してみる

 

大卒だからこそ楽な仕事=大学職員を選択すべき理由

 

大学職員を目指したい場合、まず最低限必要であるのは、大卒資格です。

 

稀に地方大学であれば専門学校・短大卒でも可能な求人はありますが、都市圏の大学ではほぼありません。(→ハローワークでの大学職員求人等、大卒以外での転職を目指す

 

学校法人勤務の場合、大卒であることがほとんどの場合に最低限条件となりますので、大卒資格がある方は大学職員を目指すことが可能です。

 

そして、大卒での転職活動の場合の選択肢は、楽な仕事がしたいのであれば公務員や財団法人、大学職員を目指す人が多いのですが、圧倒的に大学職員を目指すほうがコスパが良いのでオススメであります。

 

ただ、例外としては面接がかなり苦手で勉強ができる場合、公務員であれば公務員試験で高得点が取れると有利にはなるので、そちらを目指すのが良さそうです。

 

勉強が苦手で対策する時間が無いとか、仕事を辞めて公務員を目指すのはリスクが高すぎるというのであれば、弊ブログでの累計220名以上の合格者の方もエントリーシートと面接対策に注力して合格しています。

 

大学職員の場合、SPIなどの試験もありますが、それ以上に『なぜ大学職員を目指すのか』、『なにがしたいのか』をかなり重視します。

 

これは、大学職員が楽な仕事だと思って転職してくるのが『普通』であり、その中できちんとした志望動機を持っている人間を採用したいという気持ちからです。

 

私を含めて多くのひとは大学職員への転職動機は『楽で給料が高そう』でしょう。

 

ただ、そこから具体的に大学職員の志望動機もブラッシュアップできているひとはほとんどいません。

 

エントリーシートや面接などを見ていると、80%ぐらいは抽象度が高い志望動機のまま特攻してきて、爆死します。

 

弊ブログから累計220名以上が大学職員へと合格できているのは、そんな多くの大学職員志望者には書けない志望動機の書き方のコツがあるからであり、みなさんも大卒資格があるのであれば大学職員を目指すべきだというのが持論です。

 

関連記事>>>大学職員への道で失敗しないノウハウを現役社員が解説

 

楽な仕事で資格を取るのはコスパ最悪だから大学職員になるべき

 

  • 大学職員に転職するには何か資格が必要ですか?
  • 転職するにあたって、取っておいたほうがいい資格はありますか?

 

この質問も、大学職員への転職においてかなり良くある質問です。

 

  • 大学職員に転職するには英語ができたほうがいいですか?

 

も良く質問として、無料の転職相談用LINE@にいただきます。

 

まず、楽な仕事に転職したいというのがモチベーションなのであれば、資格の勉強をするのはコスパ最悪だと言うことをお伝えしたいです。

 

転職理由が後ろ向きなのに、そこに仕事が終わってから苦しい資格勉強をする、もしくは現職との並行の片手間で取得できる資格をとることに、なんの意味があるでしょうか?

 

楽な仕事への転職を目指すのであれば、当然、資格の勉強もしなくて良い道を模索するのが、楽な仕事を目指す人の理想像でしょう。

 

大学職員の場合、資格は全く必要ありません。

 

私は分数の計算も英語も全くできませんが、大学職員への転職は『仕事理解』と『エントリーシート対策』を軸に合格し、弊ブログから累計220名以上の方の多くもその作戦で大学職員へと転職しました。

 

大学職員の転職における英語も、普通に海外大卒や海外駐在経験者が最近は受けてくるので、いまから英語を勉強したところでその人たちに勝てる訳がありません。

 

それよりは、自分自身の現職の仕事と大学職員の共通点を考えたりしたほうが有意義であり、その道こそがハイスペックの人材に勝つ秘訣だと思います。

 

特に、大学職員の転職活動は民間企業とは異なり、ノルマや出世競争の無い世界なので、その人の優秀さだけで決めるわけではありません。

 

基本的に教員>事務職員という序列なので、優秀すぎても必要がないというのがホンネで、それよりはそのような特殊な世界でもやっていける人材を採用するため、自分に実績が無くても逆転合格できるのは間違いありません。

 

楽な仕事のランキングで正社員ならノルマの無い大学職員が最強

 

楽な仕事のランキングを付けるのであれば、私は間違いなく大学職員は上位に来ると思います。

 

インターネットを見ていると、リモートワークで周囲のレベルも高く、都心のオフィスにたまに出勤して年収1,200万円みたいな人材もいますが、私自身の能力ではそんな仕事は無理です。

 

無能な自分でも楽なで年収が高い仕事がしたいという隙間を考え抜いた結果が、大学職員への転職という手段でした。

 

実際、大学職員に転職してみるとノルマや出世競争は皆無ですし、好きな時に休めて年収も年功序列で1,200万円ぐらいには十分上昇していきます。

 

自分の学歴や能力を勘案すると、大学職員という仕事は最高であり、リモートワークは皆無の情弱世界ですが、我慢する価値はあるかなと思っています。

 

そして、そんな大学職員を楽な仕事としてのランキングで考えた際、周囲の友人の働き方も聞きながらランク付けしてみると、こんな感じでしょうか。

 

  1. 大手一流企業勤務で都心のマンションの家賃補助70%で週1出勤であと在宅勤務している人
  2. 海外駐在で家賃や車とお手伝いのメンドを会社に出してもらい、コロナなので海外で在宅勤務している人
  3. 年収は大手一流企業並はもらえないが、45歳ぐらいで年収1,000万円には年功序列で到達する大学職員

 

大手一流企業勤務だと30代で年収1,000万円ぐらいに到達しながら、在宅勤務で家賃補助も多めというのが普通ですが、大学職員にはそこまで望めません。

 

ただ、年功序列で誰でも年収1,000万円と出世競争やノルマがない世界と考えると、自分自身の低い能力でもワンチャンで大学職員になれるのはメリットかなと思っています。

 

また、大学職員の転職で狙い目なのは、学校法人が設立している事業会社もオススメです。

 

この場合、待遇は大学職員に少し劣るのは仕方ありませんが、営業先は大学ですからノルマや目標はありませんし、休みも大学基準なので民間企業よりは十分に多いです。

 

早稲田大学アカデミーソリューションズ・株式会社アイビー・シー・エス(青山学院大)・KUパートナー(神奈川大)・同志社エンタープライズ・クレオテック(立命館大)などが有名です。

 

→狙い目の大学職員の事業会社をエージェント経由で探す(非公開求人有り)

 

大学職員のメリットはノルマや出世競争が無い世界で休みも民間企業より多く、オフィス街には無い雰囲気のキャンパスで働けるということでしょうか。

 

精神的な安定を働いていると感じれますし、ITバブル・リーマンショック・コロナと経験してきても、大学職員の年収には一切影響していないので、財政的にも盤石です。

 

超一流企業への転職ができれば最高ですが、それが難しい場合には、意外と狙い目の大学職員やその事業会社を目指すという選択肢は、十分にありだと思います。

 

毎週末更新の求人情報まとめ>>>大学職員の転職で公募求人の探し方【合格者220名以上】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

暇な大学職員

ゆとり世代です。大手企業の社畜から大学職員への転職組。TOEICは300点前半。ごく普通の社畜リーマンやってました。現役大学職員の年収や働き方を晒しています。大学職員へ、民間企業からの転職組が増えますように。

-休み・プライベート, 大学職員に転職, 年収・ボーナス, 精神的に楽な仕事

HTML Snippets Powered By : XYZScripts.com

Copyright© 社畜が大手大学職員に転職したブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.