スポンサーリンク

大学職員の仕事ナビ 大学職員の給料 大学職員への転職

大学職員に転職できる自己PRのテンプレート集−本部の広報系部署編−|大学職員の仕事ナビ

投稿日:2018年7月7日 更新日:

 

こんにちは。暇な大学職員(@univadm)です。

 

現役の面接担当大学職員が、中の人だけが知ってる情報を発信中

今回の記事は、大学職員の仕事ナビってお名前。

大学職員の内定には、「仕事内容への理解」が必須なのですが、実際に面接官をすると目に付くのは、自己PRや志望動機の薄さ。

 

ここでは、あなたが、大学職員に転職できるよう、悩みがちな自己PRや志望動機の書き方を指南いたします。

大学職員の業務別に大学職員の「働き方」を公開していきますので、自分の今の仕事とマッチングさせ、ESや面接の助けとなるといいなって思ってます。

 

この記事を読んで欲しい人

  •  大学職員に転職したいけど、志望動機や自己PRが思い浮かばない人
  • 大学職員の面接を突破できるネタを探している人
  • いまの勤務先より条件がいい会社を探している人

 

学校法人は部署が非常に多く、仕事の進め方やステークホルダーとの関係性もまちまちです。

大学職員になって、休みをたくさん取りたい人向けの部署もあれば、結構バリバリ働けちゃう部署もあります。

ただ、総じて言えることは、大学職員という仕事自体の年収が高く休みが多いというメリットです。

そんな生活を望んでいる人こそ、大学職員に転職しちゃって下さい。

 

ちなみに、大学職員の求人が最も多いのは、6月~12月です。

転職するチャンスを逃さないよう、情報のインプットと転職エージェントの活用は常に行って下さいね

 

大学職員へ転職できるチャンスは年2回!毎年6月・12月は絶対に逃さないで。

  こんにちは。暇な大学職員(@univadm)です。 大学職員へ転職したい人向けに、現役大学職員がナマの情報をご提供中。   平均年収700万円、年間休日135日超えのホワイト求 ...

 

では、今日のテーマ!

大学職員の仕事分解シリーズ。大学で広報やPR、マーケティングを担当してみたいひと向けの記事。ちなみに、転職して未経験から広報やってみたい!っていう人にもオススメできます。

 

広報は興味無いけど、学生支援系の仕事で大学職員の志望動機を書きたい人はこちらにテンプレを公開中。

 

ちなみに、現役大学職員では日本で初めて(当社調べ)、LINE@で大学職員の転職相談を承っております。

 

友だち追加

 

こちらでは、誰が登録したか見えませんのでご安心下さい。

1:1でのトーク機能がありますので、大学職員に転職したい人はどんどんご質問どうぞ。

当然、無料です。

 

 

志望動機・自己PRのテンプレ|大学職員に転職して大学広報やマーケティングがしたい!

 

大学の広報部勤務でイメージが湧くとすれば、最近の日大アメフト問題でしょうか。

先日、第三者委員会の中間報告が行われていましたが、内田前監督や井上前コーチが相手QBを怪我させることを直接指示したとの結果報告が行われていました。

日大の選定した第三者委員会だったので、もっと斜め上の報告書でも出てくるのかと思いましたが、さすがにここまで問題が大事になると隠し通せなかった感じかなと。

 

お相撲さん理事長の田中氏が連座することを防ぐために内田前監督・井上前コーチを切ったという考え方が自然でしょうけど・・・。

と、まあ日大の第三者委員会の報告は別にあまり関係なくて、その前に学長会見を仕切ってた元共同通信の「逆切れ司会者」さんが登場したあたりから、大学の広報部の役割が再度考えさせられてきていました。

 

ここでは、他の仕事分解記事(学生支援センター編)でも使ったテンプレを基に、大学広報部の仕事について考えてみることにしましょう。

 

広報系大学職員に転職したい人向け|自己PR・志望動機のテンプレ・書き方

大学職員に転職したい場合、

  • 大学職員という仕事への理解
  • 大学は教員と職員という別の人種が棲む世界という特殊性の理解
  • あなただ案件を取り逃がさないように、非公開求人を見つけておく

というのが転職の鉄則です。その中で、仕事への理解というのは、以下のテンプレをご参考に。

エントリーシート対策や面接対策に役立ちます。

 

仕事内容
  • 研究成果や学生の活躍の発信、情報提供
  • 学内イベント等のプレスリリース作成
  • 取材依頼に対する各学部との橋渡し役
  • 大学全体のブランディング政策の立案と実行(※高校生への募集は、入試部の広報チーム等が担っていることが多い。)
  • 各学部をとりまとめてた、外部向け広報用特設サイト等の開設
  • 不祥事に対する情報提供や会見設定
  • 学内向けのインナーコミュニケーションの活性化
必要な能力・スキル
  • 各種情報に対する、アンテナの張り方と情報の咀嚼力
  • 新聞記者等とのコミュニケーション力
  • 各学部事務局や教員との間に入ることが多いので、調整力
残業時間の目安
  • 多い(記者の行動パターンが夜型であることや、事務以外の対応系業務が多く、非定型処理を行うものが多いから。イベントの撮影立会い等が入ると、休日出勤も比較的多めなことが多い。)
大学職員としての使命・取り組み
  • 学内の取り組みや研究成果、学生の活躍に対してアンテナを張っておく必要性があり、掴んだ情報をどのように発信するのか/どこに発信するのかと言った、情報の取り扱い方のセンスが問われる。
  • 大手大学であれば、ある程度のブランドが確立しており、規模が大きい分、学内のイベントや研究成果の発信可能件数が多いことから、地域面担当の記者などからはネタ探しの協力依頼が多くなる。その為、良好な関係を築いておく必要がある。
教員との関わり方
  • 広報部門は基本的には事務職員中心で運営されており、日常的に教員が関わることは殆ど無い。関わるとすれば、大学全体のブランディング会議や方向性を決める委員会にて、責任者やその他出席者として役職者の教員が出席するぐらいである。
  • ただし、広報部の「同僚」としての教員は少ないが、「取材先」としての教員は多く存在し、ネタ探しや広報方法の打合せ、プレスリリースの確認作業などで取材先教員と関わることは多い。その際、協力的な教員であれば、やりやすいが、非協力的な教員や事務局を相手にする場合、仕事の進め方に難しさがある。
会議に運営方法
  • 「教育」に関する最高決定権者は教員にあるが、「学校運営」に関する決定権は理事長系列(「教育」に関する最終責任は学長が負い、「学校運営」に関しては理事長が負うことが一般的)に有る。広報部系は「学校運営」に関わる本部部門に組み込まれていることが多い為、基本的には会議の運営主体は職員中心で行われていく
  • 教員も広報部にデスクがあることもあるが、基本的に大学運営の執行部に入る教員は任期制である為、経験値が職員>教員となることが多く、事務職員でも発言権や決定権が有る。
懸念事項
  • 学内イベントの取材や外部メディアの取材同行など、物理的に時間を拘束されることが多い為、事務処理の時間が定時以降になりがち。その他、残業が多くなりがちで、取材対象者の日程に合わせることが多いので有給休暇が自由に取れるという訳ではないことが多い。
その他
  • 広報というと華やかな一面を想像しがちだか、地道な定型業務の割合が当然多く、それに加えて外部メディアの対応や学内の取材対応などで外出も多い為、マルチタスク能力が非常に要求される。ただ、法人系の職場で有るため、上位の役職者と距離が近い為、出世は結構早かったりする。
  • まあ、出世しなくても大学職員の年収は高めですが・・・
    【記事リンク】一生ヒラの大学職員の退職金は3,200万円!

 

とまあ、こんな感じ。大学職員の転職面接で大切な、教員との関係性につていはこの表を見ればだいたい対策できます

あとは、あなただけが求人を見逃さないよう、非公開求人の把握にも努めて下さい。

 

■あなたが転職するために、実際に私が活用した転職エージェントをお伝えします。

 

[ 首都圏・関西の20~30代の方に特にオススメ 

業界・業種に詳しいキャリアアドバイザーが書類対策~面接サポート!|マイナビ

 

転職のコツは、1社だけでなく複数のエージェントで案件を把握しておくことです。

 

[ 求人数・実績・顧客満足度No.1 

エージェントが非公開求人から最適な求人を紹介|リクルートエージェント

 

すぐに面談を実施して非公開求人を紹介してもらいたい人向け

転職フェアには学校法人も多く参加!|面接対策ならDODA。

 

パソナキャリアは私も転職の際に使っていました。

非公開求人に強みがありますので、早いうちに面談までセットで行うのが内定への近道です。

 

これが、大学職員に転職できる自己PR!未経験でも広報担当者になる方法。

元広報系部門勤務者であれば、広報業務の範囲をよりご理解されていると思うので、転職に関する志望動機は書きやすいはず。

なので、ここでは未経験で大学職員への転職し、広報系部門に勤務したい方向けにテンプレ化したものを書いてみようと思います。

大学職員の仕事で難しいのは、大学という一つの会社の中に大学教員と大学職員という別会社がぶら下がっており、しかも民間企業のように上意下達でみんなが上位の役職者の言うことを聞いたり、同じ方向を向いている訳ではないところです。

 

大学でトップダウンというのは嫌われることが多く、学生自治や学部自治という独特のボトムアップ風土になっているのが特徴。

つまり、民間企業とは文化や風土が全く違うものだと理解して、大学職員の転職面接を受けていく姿勢がとても大切なのです

 

【コピペOK】大学職員の志望動機・自己PRを広報系部門としてテンプレ化して書いてみた。

とりあえず、前職がどのようなものであっても、コピペで使い回せる大学職員転職用の自己PRを考えてみました。

大学職員に転職するには、志望動機や自己PRを考えるのがかなり難しいと言われています。

 

時間の無いときは読む|1日で完成させる大学職員向け自己PR・志望動機

 

実際に面接官をしていても、面接に来て頂く受験者の方の志望動機が「薄い」んですよね。

なので、大学職員の仕事をこのブログで理解して頂き、大学職員に転職できる方が多くなるといいな〜と思っております。

 

ちなみに、大学職員の面接に耐えうるような自己PR・志望動機の完成案はこちら。

 

前職では、●●という仕事を通し、①結果を出すことへのプロセス、②周囲との調整業務の大切さを学びました。大学職員という仕事は、教員や付属校、卒業生組織など多くのステークホルダーと携わる仕事であると理解しています。民間企業では、永続的に利益を上げる続けるという視点が大切でありましたが、教育機関である大学では、すぐに成果が出ないとも意義を大切にして仕事をする必要があると考えます。その中で、前職で特に得た「調整能力」を武器に、御学では広報部門で仕事をしたいと考えています。その中でも、御学は複数の部門や学部が存在することから、インナーコミュニケーションを活性化させるような広報に尽力したいと考えます。大学で仕事をすると、教員や職員や付属校教員など、それぞれが異なるバックグラウンドの構成員が多い為、それぞれの「強み」を引き出し、組織として統合していくことで、活性化を狙った仕事ができるように取り組みたいです。(402文字)

 

大学職員の仕事は、教員との落とし所を探ったり、他部署間の調整業務がほとんどです。

そのため、この記事も「調整力」に注力した記事となっており、大学職員という業務を詳しく勉強した好印象を与える記事構成としています。

 

■あなたが転職するために、実際に私が活用した転職エージェントをお伝えします。

 

[ 首都圏・関西の20~30代の方に特にオススメ 

業界・業種に詳しいキャリアアドバイザーが書類対策~面接サポート!|マイナビ

 

転職のコツは、1社だけでなく複数のエージェントで案件を把握しておくことです。

 

[ 求人数・実績・顧客満足度No.1 

エージェントが非公開求人から最適な求人を紹介|リクルートエージェント

 

すぐに面談を実施して非公開求人を紹介してもらいたい人向け

転職フェアには学校法人も多く参加!|面接対策ならDODA。

 

パソナキャリアは私も転職の際に使っていました。

非公開求人に強みがありますので、早いうちに面談までセットで行うのが内定への近道です。

 

大学職員への転職で、自己PRや志望動機を書くポイント

 

大学職員への転職を感上げる際、難しいのは自己PRや志望動機の「具体化」です。

先ほどのテンプレ化した志望動機では、「大学職員という特殊な風土を理解している」ことが分かるように書いてみました。

その為、広報系部門での仕事に対する具体化はしていません。

 

それよりも、どちらかと言えば、「大学という場所には教員や職員が独立して存在し、それぞれがバラバラに動いたり、お互いに言うことを聞かなかったりするものである」という大学あるある的なところへ着目して書いています。

実際、面接官をすることもありますが、大学職員への転職面接で「共感してもらえる」点を強めていくことが、大学職員内定への近道であると考えます。

 

語学できない・未経験・資格無しでも大学職員に転職する方法

大学職員に転職するには、資格や語学は必要ありません。

というのも、語学に強い職員を採用したいと思った時には、その条件で募集をかけると正直、いくらでも応募がくるから採用側からすると全く苦労しないのです。

 

日常的にビジネスで英語を使っている方や海外大学を卒業された方、TOEIC900点超え、など様々。

このブログではそのような方が大学職員に転職するというよりは、私みたいにTOEIC300点前半でも、ちゃんと対策すれば大学職員に転職できるということをお知らせしたいと思っています。

 

大学職員に転職することに最も大切なこと

  • 大学職員という仕事の特殊性や民間企業との違いを知ること

 

これができれば内定できますし、それはこのブログで補完できるようになっています。

 

特に、大学には教員や職員という異なる人種が同じ場所で働くことによる運営の難しさのニュアンスをしっかりと理解することが、内定への近道であると考えています。

また、大学職員に転職するには転職エージェントの活用も大切です。

私が関西で神戸女女学院大学の中途採用を受験したときの倍率は、500倍〜1700倍でした。

 

募集人数1~3名程度に1,791名の応募があった、神戸女学院大学の転職活動日記

 

そんな大量の求人を大学独自で捌くのは難しくなってくる為、最近では転職エージェントを活用する大学が増えています。その為、非公開求人を取り漏らさないようにしておくことが重要です。

 

■あなたが転職するために、実際に私が活用した転職エージェントをお伝えします。

 

[ 首都圏・関西の20~30代の方に特にオススメ 

業界・業種に詳しいキャリアアドバイザーが書類対策~面接サポート!|マイナビ

 

転職のコツは、1社だけでなく複数のエージェントで案件を把握しておくことです。

 

[ 求人数・実績・顧客満足度No.1 

エージェントが非公開求人から最適な求人を紹介|リクルートエージェント

 

すぐに面談を実施して非公開求人を紹介してもらいたい人向け

転職フェアには学校法人も多く参加!|面接対策ならDODA。

 

パソナキャリアは私も転職の際に使っていました。

非公開求人に強みがありますので、早いうちに面談までセットで行うのが内定への近道です。

 

  • この記事を書いた人

暇な大学職員

ゆとり世代です。大手企業の社畜から大学職員への転職組。TOEICは300点前半。ごく普通の社畜リーマンやってました。現役大学職員の年収や働き方を晒しています。大学職員へ、民間企業からの転職組が増えますように。

転職したい人が最初に読む

1

  こんにちは。暇な大学職員(@univadm)です。 大学職員へ転職したい人向けに、現役大学職員がナマの情報をご提供中。   平均年収700万円、年間休日135日超えのホワイト求 ...

2

  こんにちは。暇な大学職員(@univadm)です。   大学職員への転職したいとき、何が1番大変だと思いますか?   超絶文量の多い、エントリーシート? 何聞かれるか ...

3

  大学職員の実態を伝える、暇な大学職員(@univadm)です。   2018年8月11日(土)に放送されたマツコ会議では、大学職員の年収の高さが話題となりました。   ...

-大学職員の仕事ナビ, 大学職員の給料, 大学職員への転職

Copyright© 社畜が大手大学職員に転職したブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.