転職するメリット

大学職員という仕事がマツコ会議で紹介!マツコのアドバイスは・・・

2018年8月11日

 

こんばんわ。8月はほとんど仕事が休みの、暇な大学職員(@univadm)です。

 

Twitter見てたら、「どうも今日のマツコ会議で大学職員という単語が出てくる」と知りました。

 

そんなパウダールームへ入っていくと、就職活動終わりにここで着替えとメイク直しをしている大学生が。大学にいるのが楽しくなり、もっといたいという理由で大学職員を目指している彼女だが、倍率100倍の人気職業だというデータにマツコは驚く。書類だけでも30校以上落ちているという彼女に、スタジオから「他の仕事を見つけてスキルをアップしてから転職エージェンシーを活用するといい」とアドバイスすると、マツコは「ごめん、夢も希望もないわね。未来は明るいからね!」と必死にフォローする。

マツコデラックスが超人気パウダールームに集まる女性らに活を入れる!

 

東京駅のパウダールームで就職活動をしている大学職員志望の女子大生に声をかけたそうです。

 

マツコ会議で大学職員が取り上げられた際のまとめ

step
1
大学職員の転職の倍率は100倍を超えている

step
2
新卒で大学職員になるのは非常に高倍率

step
3
新卒は諦めて転職エージェントを使って転職したら?

 

という放送ないよう。新卒の女の子に転職エージェント紹介するのもアレでしたがw

 

ちなみに、大学職員の倍率ですが、私が受験した中途採用面接では、採用人数1〜3名に対し1,791名の応募がありました。

 

大学職員の倍率は、300倍〜1700倍!

大学職員の転職市場のリアル

 

なお、マツコ会議でアドバイスのあった、大学職員の中途採用に転職エージェントを使うというアドバイスですが、それは正しいです、

公開求人で応募したら、倍率100倍なんかじゃ済まないので・・・。

 

ちなみに、大学職員の求人を探すコツは、求人数が最も多くなる6月~12月に向けた対策が必須です。

あなたが一番最初に大学職員に転職できるよう、情報のインプットと転職エージェントの活用は常に行って下さい。

 

大学職員へ転職できるチャンスは年2回!毎年6月・12月は絶対に逃さないで。

 

このブログから63人が大学職員に内定しました

2020年04月までに

大学職員を目指せるエージェントのまとめ

 

弊ブログからは、2019年だけで47名が大学職員へと転職しました。

 

大学職員の転職は情報戦です。自分の知らないうちに求人が出ていることを避けないといけません。

 

大学職員になりたいひと向けエージェント

 

[ 日本の転職エージェント最大手 ]

公式HP

[ https://www.r-agent.com/ ]

 

[ リクルートエージェント ]

非公開求人が90%

某関東・関西の大手私大はリクルート経由でのみ非公開求人を出しています

リクルートで「大学職員」を探す

 

リクルートと並ぶ実績有りエージェント

[ 主催転職フェアでは学校法人が大人気 ]

公式HP

[ https://doda.jp/ ]

 

[ doda ]

転職フェアには毎回学校法人が参加するなど、大学との結びつきが強いです

面談とセットで内定へ近づきます

dodaで「大学職員」を探す

 

 

  • この記事を書いた人

暇な大学職員

ゆとり世代です。大手企業の社畜から大学職員への転職組。TOEICは300点前半。ごく普通の社畜リーマンやってました。現役大学職員の年収や働き方を晒しています。大学職員へ、民間企業からの転職組が増えますように。

-転職するメリット

HTML Snippets Powered By : XYZScripts.com

Copyright© 社畜が大手大学職員に転職したブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.