LINE@で無料の転職相談受け付け中!

社畜が大手大学職員に転職したブログ

スポンサーリンク

大学職員の休み 大学職員の求人 大学職員の給料

契約社員でもボーナス4.6ヶ月|超ホワイトな大学職員へ転職しよう!

投稿日:

f:id:klmdyaw:20180418173243p:plain

大学職員へ転職したい人向けに、現役大学職員がナマの情報をご提供中

中の人にしか知らない情報を提供していますので、大学職員に転職したい人のお役に立てれば幸いです。

今日は、大学職員として転職するときに気になる、働きやすさについて書きました。

「あの人、こんな仕事しかしてなにのに私より年収二倍あるの。」

みたいな視点ではなく、子育てママや夢を追う方、副業したい方には大学職員というのは最高に適した仕事ということを知って下さい。

私は民間企業で社畜をして、ホワイトさを求めて転職しました。

結果、成功だったと思います。

あなたが大学職員へ転職できるようなエッセンスを書いたので、ホワイトな仕事を探しているなら読んで下さい。

大学の神求人まとめ

大学には、いろんな働き方があります。

週3日だけ、契約社員でもボーナス4.6ヶ月、16時終わり等々。

調べてみただけでも、結構魅力的な大学職員への転職求人がありました。

契約社員でもこんな神待遇あるんです。

■契約社員でボーナス4.6ヶ月!
f:id:klmdyaw:20180418200044j:plain

■平日3日だけの勤務!
f:id:klmdyaw:20180418200123j:plain

■年収375万円の契約社員!
f:id:klmdyaw:20180418200204j:plain

■夕方4時まで勤務!
f:id:klmdyaw:20180418200223j:plain

いろんな仕事ありますが、コレってほんの一部。

社畜系民間企業で挫折した私から大学職員のメリットを先にお伝えさせてもらうと、

・服装自由
・定時キッチリ
・プレッシャー全然無し

という結構な神職場なんですよね。

なんで、神職場なのか、もっとこの記事で掘り下げてしまいます。

もし大学職員として働きたいと思ってらっしゃるなら、この記事を読みつつ、案件数が多いエージェントでオトクな情報を取りこぼさないようにして下さい◎

学校法人の求人件数No.1|人材紹介ならマイナビエージェント

大学職員の求人に強い!リクナビNEXT

契約職員でもボーナス4.6ヶ月!大学職員として働くメリット

同僚ので元メガ●バンクの人や、元ユニ●クロ、元中小企業からの転職組が共通して言うのは、

民間企業と比べて、大学職員って超ホワイト

ということです。それってナンデなんでしょうか。

もちろん、ブラック気味な大学も存在しますので、その見分け方も書いています

大学がホワイトなのは、

・学校法人なので利益を追求しないからノルマ0
・基本的にルールを守る風土なので、早く出社ろみたいな強要無し。
・繁忙期と閑散期の差が激しい
・「学生」がいるので雰囲気が明るく若い
・キャンパスに自然が多い

という、オフィス街の殺伐とした感じが全くないことが挙げられます。

そのなかで、私が大学職員に転職してよかったことは、

1 定時キッチリ。8時58分出社でも何も言われない。
2 ノルマが無いので殺伐としていない。

の2点です。

今月は数字悪いから早くこないと/帰りにくい・・・

そんな雰囲気が皆無なので、みなさんのびのびとお仕事をされています。

精神的に疲れることが無いってこんな素晴らしいことなんだと、使えない社畜であった私は日々まったりしている次第です。

いい仕事見つけたなと自分でも今だに思っています。

学校法人の求人件数No.1|人材紹介ならマイナビエージェント

大学職員の求人に強い!リクナビNEXT

専任職員?契約職員?派遣職員?どれがいいの?

大学職員の求人を見ていると、様々な職種があることに気付かれるでしょう。

その違い、まとめました。専任職員の年収は私の例です。以下でも、年収や休みを公開中です。年収700万円を超えて、有給は20日以上使いました

www.daigaku-syokuin.com

職位 任期 年収目安 補足
専任職員 無期 30歳700万円 民間で言う、総合職。大学によって給料が結構違うので、美味しい大学を見つけるのがコツ。
契約職員 3年〜5年 280万円〜350万円 任期のある職員。当たり部署を引けば超ラク。専任がゴミな部署だと契約社員でも忙しい。
派遣職員 有り 人による 週3日勤務等、勤務の自由さが魅力。当たり部署だと相当ラク。ハズレ部署でも派遣会社に言って部署変えしてくれるときも有り。

どれの働き方が良いのかは、人によるでしょう。

ただ、大学って公的機関に一応属するお陰なのか、私の知ってる大学はどれも福利厚生はしっかりしている印象。

ママをされている子育て世代の方にとてもオススメできる働き方です。

契約職員でも当日欠勤OK・産休OK・育休OK・時短OK・有給全然OK!

これって当然のことなんですが、日本人はマジメなので、当然の権利でも申し訳ないと思ってしまいがち。

しかし、大学は、民間企業より休みやすいし、子育てしやすいです。

私自身、契約職員の方と一緒に仕事をしているのですが、

・お子さんの体調不良で当日欠勤OK
・産休/育休は当然取得可能
・幼稚園の時間に合わせて時短勤務OK
・有給全消化

を当たり前のこととして働いてもらっています。休む側が、申し訳ないと思って貰う必要なんて一切ないのです。

子育てをされていたら、当然、急に休まないといけなかったり子供やご本人の体調が悪いこともあるでしょう。

それなら、当たり前のように休みを取れる職場。そうであって欲しいと思っています。

契約職員なのに、仕事があるから子供が体調不良なのに休みにくい・・・

そんな思いで仕事をしてもう必要はありません。

その分、専任職員は2倍以上の給料を貰っているので。

そんな働きやすい環境が、大学には存在していると思います。気になったら求人を一度覗いて見て下さいね。

学校法人の求人件数No.1|人材紹介ならマイナビエージェント

大学職員の求人に強い!リクナビNEXT

大学の中の人が語る。ブラックな大学の見分け方。

しかし、本学でも、契約職員の人が相当働かされてる可哀想な部署があります。

ここでは、見分け方をお伝えします。

ハズレ部署で共通するのは、

・課長が使えないのに勘違いしてて無駄にヤル気がある。
・専任職員がゴミで契約職員の方がいないと仕事が回らない。
・契約職員同士の仲が悪すぎる

というあたりでしょうか。仕事がどうというより、全て人に起因しています。

じゃあ、それはどうやって見分けるのか・・・。

簡単なのは、仕事したい大学の該当する部署に電話してみて下さい。

大学職員というのは完全なる文書主義で、書いて有ることや当たり前のことを質問すると馬鹿にする傾向があります。

雰囲気悪い部署ほど、学生や教員のそのような質問の際、冷たい対応をしがちです。

そんな部署、働きやすい訳ありませんよね。

例えば、自分が働く予定の部署が、教務系部門であれば、学生の親のフリをして電話してみて下さい。

「息子の履修登録の件で相談したい」

とでも言えば一発です。

当然、履修登録は本人でするものという概念がありますので、「なんで親から電話してきてるんですが。息子さんに質問させて下さい。ガチャ」

みたいな反応の部署は専任職員・契約職員ともに雰囲気悪い可能性が相当高いです。

逆に、「息子さんが基本的にするものですが、親御さんから電話されたのは何かご理由がありますか?」など、丁寧に対応してもらえる部署は雰囲気良いものです。

大学職員として働いてると、信じられないような人種がたくさんいます。

そんな人種と仕事をしない為にも、自己防衛として事前調査してみるのがおススメです。

大学職員への転職の裏側。

大学職員として仕事をするイメージ、湧きましたでしょうか?

この記事を読んで頂き、大学って良い環境なんだなと思って頂けたら、目的は達しています。

しかし、最近ではネットが発達したせいで、大学職員の求人は人気過ぎる為、普通に応募したら1名〜3名の募集に1700人集まったりします。

そんな人数きたら、人事部だけじゃ捌けないんですよね。
そもそも、私が勤務している大手と言われる大学規模でも、人事部の採用担当者は2名程度です。
民間企業のように、数万のエントリーをさばく為に人事部に多くの人員が配置されている、という事はありません。

じゃあ、どうするか。

こっそり、知っている人だけを対象に「非公開求人」で募集し、転職エージェントにある程度の選考を依頼するのです。

大学職員への転職の成功は、いかに「非公開」求人をキャッチするか。

私が大学職員になれたのは、「非公開求人」のお陰です。

ひたすらに、「非公開」の求人を探しました。
なぜなら、人事部で採用をしている友人が、転職エージェントを経由した「非公開求人」にシフトしていることを教えてくれたからなんですよね。

非公開求人は、当然、公開されていないので、チャンスを逃すと気付いたら知らぬ間に大学職員の転職枠を他人に取られちゃいます。

早めに登録して情報をキャッチするのが大切です。

本学も公開求人で2,000件超えるエントリーがあったことがトラウマで、最近は転職エージェントの『非公開求人』を活用させて頂いております。

実際、大学職員への転職に成功した私は、以下のサイトを使っていました。

■私が実際に使った、20代で大学職員に転職したい人向けのサイト

首都圏/関西/東海在住の方対象(20代対象)



首都圏/関西/東海以外にお住まいの方対象(20代対象)


■30代以上の方向けで、大学職員への転職はここも強いです。

【大学職員】の転職はDODA | DODAは大学職員の転職に強い

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

暇な大学職員

ゆとり世代です。大手企業の社畜から大学職員への転職組。TOEICは300点前半。ごく普通の社畜リーマンやってました。現役大学職員の年収や働き方を晒しています。大学職員へ、民間企業からの転職組が増えますように。

転職したい人が最初に読む

1

こんにちは。暇な大学職員(@univadm)です。 大学職員へ転職したい人向けに、現役大学職員がナマの情報をご提供中。 平均年収700万円、年間休日135日超えのホワイト求人の代表格、「大学職員」。 ...

2

大学職員へ転職したい人向けに、現役大学職員がナマの情報をご提供中。 30歳で年収700万円/年間休日135日に余裕で到達するホワイト求人の代表格、「大学職員」。 そんな仕事へ転職する為のノウハウを記載 ...

3

  こんにちは、暇な大学職員(@univadm)です。お読み頂き、ありがとうございます。 大学職員に転職したい人向けに、現役の大学職員が中の人だけが知ってる情報を発信中。   最近 ...

-大学職員の休み, 大学職員の求人, 大学職員の給料

Copyright© 社畜が大手大学職員に転職したブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.