社畜が大手大学職員に転職したブログ

社畜系企業から大学職員に転職した中の人が自分語りでもします。

【2017年12月*ソラチラ代替案】ANA:80,000マイルを毎年コンスタントに貯め続ける為には[公式キャンペーンと比較しました!]

f:id:klmdyaw:20180110150923p:plain

2018/01/09
歴史的な日になってしまいました。(世の中の98%ぐらいのひとには関係ないですがw)

その日、陸マイラーにとっての、通称「ソラチカルート」の終焉が発表。

簡単に言うと、ポイントサイトで獲得したクレジットカード入会特典ポイント等を「東京メトロポイント」へ移行し、そこから高還元率(90%)でANAマイレージに変換できた神ルートが廃止されてしまうということです。
もともと、各種ポイントサイトのマイレージ還元率は、0.5倍が相場でしたので、この「ソラチカルート」が開拓されてから、陸マイラーの方々はこぞってこのルートを活用していました。

ただ、それも2018年03月で終了します。

じゃあ、もう、海外旅行にビジネスクラスでは行けないんでしょうか?ANAやJALのステータスを獲得する「修行」は、全部自費なのでしょうか?

私は、そうは思いません。
私の「ソラチカルート」暦は約1年と浅いですが、2011年頃より、「ソラチカルート」が無くても、海外旅行はビジネスクラス以上を利用して行っておりました。

その秘訣は、クレジットカード会社本体のキャンペーンを活用することにあります。

「ソラチカルート」が無くなってもマイレージは貯まります。

たしかに、「ソラチカルート」は凄かったです。
クレジットカードの作成やFX口座の開設、仮想口座の開設等でザクザクポイントが入ってきます。
「東京メトロポイント」は、毎月20,000ポイントをANAマイレージバンクへ移行できた為、

18,000マイル×12ヶ月=216,000マイル

が貯まり続けます。そこへ、その他のクレジットカード決済ポイント等を併せれば、年間で30万ANAマイル近くが入手できる手法でした。
まあ、画期的ですよね。

けど、その宴も、2018年03月に終わります。
ソラチカ、●ね
みたいな暴言吐きたくなる気持ちもわかりますが、そこは感謝。

新幹線出張がたまにあるような大学事務職員でも、ビジネスクラスやファーストクラスに乗せて頂いたんですから。
ただ、別にそのビジネスやファースト乗ったマイルの源泉は、「ソラチカ」以外の方法でも獲得したものが大半でした。

「ソラチカ」は確かに素晴らしいルートでしたが、ここでは、「ソラチカ」が無くても生きていける方法をお伝えしたいと思います

いままで行った場所

別に興味は無いと思いますが、マイルを使って行った場所を書いてみました。
「ソラチカ」を始めたのは2016年末なので、それ以前は「ソラチカ」使っていません。
ただ、この記事で書かせてもらうような方法を活用し、マイルを貯めてきました。

渡航国 時期 利用航空会社 利用クラス マイル使用の有無 使用マイル数
オーストラリア 2012年4月 カンタス エコノミー 自腹
ロサンゼルス 2013年8月 ANA ビジネス マイル 70,000
ニューヨーク 2016年8月 ANA ファースト マイル 165,000
クアラルンプール 2016年12月 ANA ビジネス マイル 50,000
ハワイ 2017年2月 JAL ビジネス(BA経由) マイル 150,000
ヒューストン 2017年6月 ANA ビジネス マイル 90,000
ハワイ 2017年8月 JAL ビジネス(BA経由) マイル 150,000
ロンドン 2017年12月 ANA ファースト マイル 165,000
ハワイ 2018年5月 JAL ビジネス(BA経由) マイル 150,000

ここ最近の海外旅行は全てビジネスクラス以上です。
※ビジネスクラス以上が空いてないとそもそも旅行先を変更したり時期を変更しているというのも有りますが・・・

総合商社の営業担当でなかったとしても、コツさえ掴めばマイレージって貯まっていくんですよね。

アメリカン・エキスプレスの入会キャペーンを活用した、ANAマイル活用術

「ソラチカ」がお亡くなりになるのが決定し、様々な先輩ブロガーの方々はいろいろなマイル変換ルートを教えてくれます。
LINEを経由して「東京メトロポイント」に移行する方法等です。

現在、「東京メトロポイント」→ANAマイレージへの変換ルートは2018年03月以降も継続する方法のようである為、その方法も可能ですが、いずれ、今回のように終わるでしょう。
じゃあ、どうするのか。

私は、アメリカン・エキスプレス社発行カードを活用した、地道なマイレージ獲得活動の必要性を提起いたします。

要は、クレジットカードを作ってポイント獲得のキャンペーンを活用し、ANAマイルを大きく増やす。

というやり方です。
「ソラチカ」に比べると、年間20万マイルというような大型獲得はできませんが、年に1回ビジネスクラスで海外旅行をする/年に2回エコノミークラスで海外旅行をする程度なら全く問題ありません。

しかも、複合的な貯め方をすることにより、ファーストクラスでニューヨークに行くなんてことも、簡単にできてしまいます。
※ちなみに、今の大学で理事長になってもビジネスクラスまでしか乗れませんw

まず、どこから始めたらいいの?

この方法で活用するのは、全て「アメリカン・エキスプレス」のクレジットカードです。

「アメックス?もう持ってるよ」
という方もいらっしゃるかもしれません。
ただ、それは本当に「アメリカン・エキスプレス」のクレジットカードですか?

アメリカンエキスプレスブランドなだけであって、プロパーの「アメリカン・エキスプレスカード」でない可能性があります。

●プロパーのアメリカンエキス・プレスカードは以下になります

注:1ボーナスポイント=1ANAマイルの等価交換です。

1)ゴールドカード
f:id:klmdyaw:20180110135632p:plain
入会用URL:https://goo.gl/brPbeH

[入会特典]
・初年度年会費無料
30,000ボーナスポイント(ご入会後3か月以内にカードを合計10万円以上ご利用で10,000ボーナスポイント、さらに、ご入会後3か月以内にカードを合計30万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント)

2)グリーンカード
f:id:klmdyaw:20180110135654p:plain
入会用URL:https://goo.gl/MSQheZ

[入会特典]
・初年度年会費無料
15,000ボーナスポイント(ご入会後3か月以内にカードを合計15万円以上ご利用された場合)

3)ビジネスゴールドカード
f:id:klmdyaw:20180110135712p:plain
入会用URL:https://goo.gl/53RLNW

・初年度年会費無料
40,000ボーナスポイント(ご入会後3か月以内合計10万円以上のご利用で10,000ポイント+入会初年度に合計200万円以上のご利用で30,000ポイント)


上記いずれか1つでも未だ持っていない方には、ANAマイルの獲得チャンスがあります。
※現時点で持ってなければ対象です。再入会可。

なぜ、年間80,000ANAマイル?なぜ、AMEXカード?

そもそも、なぜ年間80,000ANAマイルと設定しているのでしょうか。
それは、「アメリカン・エキスプレス」からANAへのマイル移行上限が「年間(01~12月)/80,000マイル」と設定されているからです。
なので、「アメリカン・エキスプレス」では、80,000マイルまで獲得できたら十分なんですよね。

獲得方法は、とても簡単。

決済を必要としますが、各カード毎に段階的なポイント獲得基準が設けられていますので、カードを余り使わない人でも十分に獲得可能です。
決済を必要とするが故、「ソラチカルート」のような爆発力はありません。
ただ、濡れ手で粟のようにもならないため、「ソラチカルート」が無くなった今でも、ちゃんとした正攻法のマイル獲得手法として存在しています。

ちなみに、初年度年会費が無料となっていますので、所定期間でマイレージを獲得し、ANA口座へ移行した後に当該カードを使い続けるか検討することが可能です。
※年度途中での解約違約金や最低利用期間等の制限はもちろん存在しません。

また、上記全てのカードは夫婦毎に作ったり、一人で全て作ったり、両親に作ってもらったりすることができます。(AMEXの審査が通る前提ですが・・・)
つまり、一年間で上記カード全ての要件を満たした場合、85,000ANAマイルを獲得することができるのです。
ハワイまで夫婦でエコノミークラス旅行や、アメリカまでビジネスクラスで旅行することができるマイルの分量となります。

年間80,000ANAマイルを獲得する為のクレジットカード作成方法①

まず、以下の入会特典を参考に、ご自身の決済スタイルにはどれが合致しているか検討してみて下さい。
そもそも、この入会特典が他と比較して損でないのかとうことを検討される場合は、次の項目「【比較用】このサイト以外のキャンペーンの状況。(2018年01月現在)」からご覧下さいね。

携帯代金やガソリン代、コンビニ、スーパー、世の中の殆どはクレジットカードで決済することができます。
また、夫婦で大阪から宮崎まで国内旅行に行きたい!という場合は、

1)のゴールドカードを夫婦毎に作成し、各人が10万円の決済で合計20,000ポイント(=20,000ANAマイル)を獲得。
ローシーズンのANA必要マイル数は、10,000マイル/人なので、それだけでANA便へ乗れてしまいます。

以下、3種類のカードより、それぞれの家族の状況に合ったマイレージの獲得を選択できるというのが、「アメリカン・エキスプレス」のカードの最大メリットです。
また、ANAマイルへも等価交換できますので、無駄がありません。(1AMEXポイント=1ANAマイル)

是非、一度、まだお持ちでない方は検討してみて下さい。

注:1ボーナスポイント=1ANAマイルの等価交換です。

1)ゴールドカード
f:id:klmdyaw:20180110135632p:plain
入会用URL:https://goo.gl/brPbeH

[入会特典]
・初年度年会費無料
30,000ボーナスポイント(ご入会後3か月以内にカードを合計10万円以上ご利用で10,000ボーナスポイント、さらに、ご入会後3か月以内にカードを合計30万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント)

2)グリーンカード
f:id:klmdyaw:20180110135654p:plain
入会用URL:https://goo.gl/MSQheZ

[入会特典]
・初年度年会費無料
15,000ボーナスポイント(ご入会後3か月以内にカードを合計15万円以上ご利用された場合)

3)ビジネスゴールドカード
f:id:klmdyaw:20180110135712p:plain
入会用URL:https://goo.gl/53RLNW

・初年度年会費無料
40,000ボーナスポイント(ご入会後3か月以内合計10万円以上のご利用で10,000ポイント+入会初年度に合計200万円以上のご利用で30,000ポイント)

【比較用】このサイト以外のキャンペーンの状況。(2018年01月現在)

そもそも、この記事騙してない?と思って頂くのは当然です。

この記事の条件は、公式キャンペーンと比較してもオトクなのでしょうか。検証しました。

公式キャンペーンがお得なら、わざわざ私が書いたこの記事を見て頂く必要がありませんので、情報提供させて頂きます。

●2018年度:アメリカンエキスプレスキャンペーン(2018/04/02迄)
f:id:klmdyaw:20180110144706j:plain

公式だと、3ヶ月以内に30万円の利用で10,000AMEXポイントですね。
今回ご紹介させて頂いたキャンペーンでは、

1)ゴールドカード
f:id:klmdyaw:20180110135632p:plain
入会用URL:https://goo.gl/brPbeH

[入会特典]
・初年度年会費無料
・30,000ボーナスポイント(ご入会後3か月以内にカードを合計10万円以上ご利用で10,000ボーナスポイント、さらに、ご入会後3か月以内にカードを合計30万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント


ストレートに申し上げると、公式キャンペーンだと獲得マイルは▲50%となり損です。
以下の条件で入れる、本キャンペーンをご活用頂けますと幸いです。

=====
注:1ボーナスポイント=1ANAマイルの等価交換です。

1)ゴールドカード
f:id:klmdyaw:20180110135632p:plain
入会用URL:https://goo.gl/brPbeH

[入会特典]
・初年度年会費無料
30,000ボーナスポイント(ご入会後3か月以内にカードを合計10万円以上ご利用で10,000ボーナスポイント、さらに、ご入会後3か月以内にカードを合計30万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント)

2)グリーンカード
f:id:klmdyaw:20180110135654p:plain
入会用URL:https://goo.gl/MSQheZ

[入会特典]
・初年度年会費無料
15,000ボーナスポイント(ご入会後3か月以内にカードを合計15万円以上ご利用された場合)

3)ビジネスゴールドカード
f:id:klmdyaw:20180110135712p:plain
入会用URL:https://goo.gl/53RLNW

・初年度年会費無料
40,000ボーナスポイント(ご入会後3か月以内合計10万円以上のご利用で10,000ポイント+入会初年度に合計200万円以上のご利用で30,000ポイント)
=====

以上、お読み頂き、ありがとうございました。
是非、ソラチカ亡きあとも、自由に海外旅行にいけるよう、一緒に頑張りましょう。

ひさびさにブログ書きました・・・。